【攻略】思春期ニキビが跡になってしまった解決法は!?

【攻略】思春期ニキビが跡になってしまった解決法は!?

Spread the love
Pocket

ニキビ跡はニキビと違いなかなか消えなくて困っていませんか?

女性と違いメイクで隠すのに抵抗がある男性は多いのではないでしょうか?

そんなニキビ跡を綺麗にする方法を紹介いたします。

是非、ニキビ跡に悩んでいる方は参考にしてみてくださいね!

ニキビ跡とは

ニキビ跡とは、ニキビの炎症により周りの組織が傷つけられてしまったものです。

この傷に色がついてしまったり、表面がデコボコになってしまうと跡になってしまうのです。

ニキビ跡と言っても色んなタイプがあります。

赤み・色素沈着・毛穴の開き・凹凸のクレーター・ケロイドなどがあります。

これらの症状すべてに効果のある治療法というのは残念ながら存在しません。 

よって、それぞれの症状に最適な治療法で治療する必要があるのです。   

赤みニキビ跡

赤みの原因、酸化ヘモグロビンに働きかけるレーザーを使用して赤みの改善を図る治療や

肌のターンオーバーを整えてくれる、

ビタミンC誘導体や電気の力を利用して

美容成分を肌の奥に浸透させることができる

エレクトロポレーション治療が効果的です。

色素沈着

色素沈着は肌のターンオーバーが正常であれば、

次第に色素沈着は薄くなっていきます。

しかし、ケアを間違えたり、

肌の機能が低下したりすることで、

長期間残ってしまうこともあります。

それを放置しておくと、シミとして定着してしまう恐れがあります。

症状が改善しない場合は、皮膚科で薬を処方してもらうことが良いでしょう。

直ぐに消したい場合はレーザーなどでの治療を受けることもできます。

毛穴の開き

毛穴の開きを改善するにきちんとした洗顔をすることが大切です。

鼻などの毛穴の目立つ部分には、酵素系の洗顔料を使用したり、

クレイ系のパックでのケアも有効です。

ただし、洗顔のしすぎはNGです!

1日に何度も洗顔すると、逆に皮脂の分泌が活発になってしまい、

新たな肌トラブルの原因になる可能性が高くなります。

また、乾燥によって毛穴は目立ちます。

そのため、洗顔後は、化粧水やシートマスクなどで保湿をしっかり行いましょう。

また、ビタミンC誘導体などを使うと、効果的な毛穴ケアになるでしょう。

クレーター

ニキビ跡の治療で1番問題になるのは、陥凹性瘢痕、いわゆるクレーターではないでしょうか!?

凹凸はなかなか隠すことが難しくて悩んでる方は多いのではないでしょうか。

クレーターに関しては、もう治らないというのが定説で、諦めておられる方がほとんどというように考えられております。

クレーターの治療法は、レーザー・ダーマペン・皮膚移植・成長因子を使った方法があります。

他のニキビ跡の治療法より時間とお金がどうしてもかかってしまうでしょう。

セルフで治すのが難しいクレーターですが、セルフピーリングやセルフダーマペンなどで治ったという声もあるので諦めずに肌ケアを続けていくことが大切です。

ケロイド

リザベン(トラニラスト)という内服薬が、

現在唯一国内で保険適応があり処方されている治療薬です。

リザベンは抗アレルギー薬でもあり、反応性に増える皮膚線維細胞の増殖を抑える効果があるとともに、

傷の赤みやかゆみなどを軽減させる効果があります。

また、ステロイド局所注射療法、冷凍療法、手術療法、放射線療法などなど複数の組み合わせでの治療法があります。

ケロイドはセルフケアをしようとすると悪化してしまう場合があるので、

ケロイドができてしまった場合は早急に皮膚科や専門のクリニックへの受診をすることが1番です。

まとめ

ニキビ跡ケアは気になったら、早め早めにケアをすることで、改善されます。

ニキビ跡はすぐに効果が出なくて、諦めてしまいたくなりますよね。

しかし、正しいケアを継続していくことにより確実に肌はよくなっていきます。

女性とは違いメイクや髪の毛で隠すことが難しい男性ですが、諦めずにイケてる肌を目指しましょう!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください