【必見】従来のダーマペンとダーマペン4の違い?

【必見】従来のダーマペンとダーマペン4の違い?

根が深いニキビ跡やクレーター肌の

治療としてダーマペンが注目されています。

そんな優れ物のダーマペンに

種類があることは知っていますか?

そこで今回は最新機種のダーマペン4とは

今までのダーマペンと、どう違いがあるのか

紹介していきたいと思います。

是非、最後までチェックして下さいね!

ダーマペンとは?

極細針を皮膚に刺し、微細な穴を開けることで

肌の創傷治癒力を上げ、肌の再生能力を活性化させ

凸凹のない肌に導く治療法です。

再生能力がアップするとコラーゲンやエラスチン増殖し、

肌が再生されるため毛穴や小じわの開きを改善し

ハリのある肌にになります。また、クレーター状

になったニキビ跡や傷跡の改善に期待できます。

ダーマペン4とは?

最新機種のダーマペン4は16本の針が

1秒間で最大120回振動します。

1秒間皮膚表面でダーマペン4をなぞるだけで、

約2000か所の穴が空き、その入り口を通じて

真皮内へ栄養成分を浸透させることがが出来るわけです。

微細な穴を開けることで肌の創傷治癒力を上げ、

肌の再生能力を活性化させクレーターやニキビ跡

を改善していくのは、従来のダーマペンと変わりません。

従来のダーマペンとの違いは?

従来のダーマペンと比べてダーマペン4は、

針の振動や針の抜き差しのレベルが格段に

進化しています。それにより、狙い通りの皮膚の

深さに針を刺すことが可能になり、

従来のもより効果が大きくなります。

また、針が到達する深さも0.1ミリメートル単位で

細かく調節できる為、症状に応じて針の長さを

変える事が出来ます。それにより、無駄なダメージ無しで

効果的な治療ができるわけです。

他に、従来のダーマペンと比べて進化している点は

針の本数と高速化です。

従来のダーマペンは11本のマイクロ針を

使用していましたが、ダーマペン4は

16本の針を使用しています。

針の本数だけではなく、従来のものより、

ダーマペン4は高速化しています。

高速化することにより、短時間で治療が終わります。

それにより、患者さんが感じる痛みも

軽減できるようになりました。

また、高速で垂直に作成される数万箇所の穴は

従来の治療と比較し、大幅に余計なダメージを

低減しており、治療効果を上げています。

まとめ

ダーマペンと最新機種ダーマペン4の

違いはいかがだったでしょうか?

ダーマペン4は従来のものと比べて

圧倒的に効果があり、負担が少ない治療です。

ダーマペン4ですべすべのイケてるメンズになりましょう!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください